[FF8考察]リノア=アルティミシア説が本当なのか気になって久しぶりにプレイした結果・・・![ファイナルファンタジーⅧ]

FF8

リノアはアルティミシアだった(゜o゜)かぽーん

 

PERUMEです。

FF8は小学生のころ初めてプレイしましたが、映像がきれいになっただけで、ただの恋愛ものの浅いストーリーだなと感じてしまい、あんまりおもしろくないと評価してしまっていました(^_^;)

 

月日はたち私は大人になり、ふとFF8の裏話を小耳にはさんだところ、なんとラスボスがヒロインだった説があるというではないですか。

 

もしそうだとしたら、実はFF8ってめっちゃおもろいストーリーなんちゃうん?

と気になり始め、いまさらもう1回プレイすることにしました。PS3で当時のPSソフトを起動させたぜ!

スポンサードリンク

再度言います。

結果、リノアはアルティミシアだった(゜o゜)かぽーん

 

し、信じられない事実。

世の中で言われている有名なリノアル説。

(いや、私は最近まで知らんかったけど、有名らしい。偶然小耳にはさんでよかった・・・)

もちろん公式で発表されているわけではないのあくまで「説」なのですが、私はほぼ100%この説は事実だと思っています。

 

そら、小学生の頭じゃこのストーリーはわからんわ・・・

子供向けのゲームに納まりきれていないゲームだなぁ

大人になってよかった~

[根拠]

リノアがアルティミシアだと確信した根拠をまとめます。

推測ではありますが、信ぴょう性は高いと思います。

多くはラスボス戦(アルティミシア戦)~EDにかけて初めて明らかになることが多いです

 

”羽”(リノアに生えている羽)と”グリーヴァ”(スコールのライオンの指輪)と”イデアの家”(約束の場所)この3つが最も重要な3つの伏線なのでこれらに注目してプレイしてほしいです。

 

まず、アルティミシアのルックスがリノアにそっくり。

リノア青い服、アルティミシア赤い服など対極的なところが多い。後ろの丈が長い服なのは一致している。また、どちらも羽が生えているがアルティミシアは黒い羽。”羽”の描写はOPやEDにも出てきており、非常に重要な伏線だと思われる。

 

②ラスボス戦第4形態で、アルティミシアが2体いる。そのうち逆さにぶらさがっている女性がもともと人間だったような容貌で、体つきもリノアに似ている。すでに死んでいるが、魔女の力が継承できていないため死ぬに死ねない状態のような印象を受けた。また彼女からはグリーヴァの魔法がドローできる。

 

③ラスボス戦第2形態でアルティミシアはグリーヴァを召喚する。スコールが一番強いと思っている”ライオン”であるが、グリーヴァという愛称はスコールとリノアしか知らないはず。

 

④また、リノアはスコールに「私もいつかこのライオン
のように強くなりたい」と言っていた。そして第3形態でアルティミシアはグリーヴァにジャンクションしライオンのような姿になる。これは伏線ではなかったのかと思われる。

 

⑤OPの最後でリノアの白い羽が黒い羽に変わりながらスコールに抱きつこうとするシーンがある。

EDにも酷似のシーンがある(スコール視点のカットだが)

しかし、リノアが抱きつく直前にリノアの顔が一瞬アルティミシアに重なる描写があり、それを目にしたスコールが涙を流す。これはスコールがリノアはアルティミシアであって、自分が倒してしまったことに気づきショックを受けたからであると考えられる。

 

⑥上記にも書かれているが、スコールがEDでリノアがアルティミシアだと気づく。これはかなり信憑性が高いのでもう少し詳しく説明する。

スコールはED冒頭約束の場所がGFの記憶障害のせいで思い出せない。そこにリノアから送られた白い羽が舞い降りて、リノアの記憶が少しずつよみがえる回想シーンに入る。

しかし、リノアの顔が何故か思い出せないため、リノアの顔周りだけ映像がぼやけてみえている。そのうちにだんだん思い出してくるが・・・その顔がアルティミシアに重なる。約束の場所にたどり着く寸前、そうOPでも登場したスコールとリノアが抱き合う寸前のシーンで、リノアがアルティミシアだということに気づき、その瞬間リノアの羽が黒く染まる。抱き合う寸前でスコールは真実に気づいてしまい、ショックで涙を流し気を失う。そのとき、リノアの宇宙服が壊れる+ガンブレードを振り下ろした時の「がん!」という音が流れる。これは自分がリノア(アルティミシア)を殺してしまったことに気付いた暗示だと思われる。

 

よって、この時点でリノアと再会することはできなかった。

この後再び倒れたスコールのところへリノアが現れる、ここからが本編ハッピーエンドのEDの始まり。なぜリノアがスコールのもとにたどり着けたのか・・・それはわからない。愛の力のおかげ?とでも思っておけばよし?

スコールは、リノアがアルティミシアだったことはまたGFの記憶障害で忘れてしまうのかな?

 

⑦リノアのわたしがアルティミシアに操られて暴れたら・・・SeeDは、私を倒しに来るでしょう?」「でも、スコールならいいかな。スコールいがいならやだな」「ね、スコール。もし、そうなったときは・・・」というセリフがあるが、もしリノアがアルティミシアなら、このセリフが現実になったということになる。

このセリフは重要な伏線だと思われる。

 

⑧ラスボス戦後、弱ったアルティミシアは最後の力を振り絞ってスコールの前に現れる。(スコール幼少期のイデアの家に)時間圧縮後は自分が会いたいと思った人、場所へしか行けないはず。なぜ、アルティミシアはイデアの家を知っているのか。なぜ、スコールを追ってきたのか。なぜ「私はまだ死ぬわけにはいかぬ」といっているのか。
はっきりとは語られていないが、リノアだったからこそ「約束の場所」へスコールに会いに来たのではないかと思われる。

 

⑨スコールがリノアに「俺のそばから離れるな」といった始まりの部屋。これが時間圧縮が始まって最初に訪れた部屋である。このとき、たくさんセーブポイントがでてくるため、非常に奇妙な場所としてプレイヤーを印象付けるわけであるが・・・。

たくさんセーブポイントが出てくる理由は、私は、魔女の力(アルティミシアの魔女の能力)がループしていることを暗示していると推測している。

ということは、私たちがプレイしている本世界もすでにこのセーブポイントがある数だけループされた世界だということになる。

こ、これは怖い!

 

アルティミシア城がイデアの家と太い鎖でしっかりとつながれている。これはイデアの家が特別な場所だということであり、リノア、スコールにとって大切な『約束の場所』であったからということではないか。

 

⑪アルティミシアがジャンクション・マシーン・エルオーネで過去(スコールたちのいる時代)に飛んできたが、スコールたちがいる時代より前の時代には行けなかったことになる。なぜか。

エルオーネの能力は自分が会ったことがある人の過去までしか飛ばせない。よって、マシーンを使ったアルティミシアも、自分が知っている世界の過去にしか飛んでいくことができない。

アルティミシアはスコールたちの時代を知っているということになる。=リノアだからという可能性。

 

⑫GFの本当の恐ろしさ

ラスボス戦でアルティミシアが言うセリフがリノアが言っているセリフと似ているという話も良く耳にする。たしかに、本当にそうなのである。

その中でも世間ではあまりスポットがあてられていないセリフで「GFの真の恐ろしさはこんなものではない」というセリフがある。これは私が思うに、GFをジャンクションすることによって記憶障害が起き、アルティミシア(リノア)は仲間やスコールのことも全て忘れてしまい、スコールに刃を向けている。それがどんなに恐ろしいことかということなのではないのか。(妄想しすぎ?)

 

 

こんな感じで、信ぴょう性の高い伏線がたくさんあるため、リノア=アルティミシアでは!?と気づくきっかけができたら、信じられないくらいストーリーのつじつまが合い、かなり面白いゲームになりましたーーーーーー!

 

ED泣きました。

スコール、リノアの気持ちを考えたり、ラグナのシーンとかで追い打ちをくらい、すごく胸が痛くなり泣きました(;O;)

FF10より私のFFストーリーランキング上になりました。

 

思考回路が単純だった私の小学生時代にプレイしてもダメだったはずだわ・・・

 

結局、私のように当時こういう深いストーリーである可能性に気づかなかった人が多かったためか、FF8の評価が低い意見も多い。見せ方が少しわかりにくかったかな。その他、FF7の次に出たシリーズであることも含めて、不遇の作品であると思った。

もっと評価されても良かったのではないかと思います。

 

ある一点から見ればハッピーエンドに見えるEDも、その後のリノアの行く末を含めるとバッドエンドになる。

このストーリーに限らず、「良い」と思ってやったことが、実は「悪かった」ことは人生にもある。

たとえば、良いと思って入学した高校がその後最悪の学校で退学せざるえなくなったとか。

 

深い。

ものすごく深い作品だと思いました。

 

そうそう、リノアル説を肯定したうえで、私はFF8の魔女の力はループしていると考えております(並行世界はないよ、ループだよ。そしてリノアとスコールは別にループしてないよ~)

またそのことについても考察かいてみました!

気になる方はこちら↓

考察!FF8の魔女の力はループしている

 

では、またね。

スポンサードリンク

コメントをお書きください

コメント: 11
  • #1

    通りすがり (金曜日, 20 2月 2015 12:03)

    かなり良い考察をしていると思うのですが、どうしても気になった点があったのでいくつか私なりの考察を含めて指摘させていただきます
    1.アルティミシア=リノア+ハイン
    本記事の11の考察からアルティミシアがリノアの記憶を持っている事がほぼ証明されているのですが、同時にアルティミシア=リノアでは、最終戦直前でSeeDに対して強い憎悪を抱いており、スコールと敵対する事がほぼあり得ません。
    また、第4形態において人間の姿をした下半身から魔法をドローし行使する「顔のない魔女」の存在から、
    魔女の因子の大元である「ハイン」ではないか、というのが根拠です。
    2.下半身からドローできるのは「アポカリプス」。 対してグリーヴァの使う魔法は「ショックウェーブパルサー」。
    3.魔女の力は「ジャンクション」。
    これは本考察の④と⑫に関してですが、魔女の本質である「継承される魔女の力」は伝説で語られるハインの力です。元々魔女の力は母体となる肉体にジャンクションするカタチで成立していますので、グリーヴァにジャンクションする=魔女の力を付与するということ。 及びG.Fの真の恐ろしさ=「ショックウェーブパルサー」(セリフ直後に放つ青魔法)です。 記憶の浸食に関してはG.F自体の影響ではなく、あくまで「ジャンクションという行為に対しての後遺症」であるというのが私の考察です
     スコール視点の考察が非常に綺麗でつじつまが合っているので、リノアの背景に「ハイン」という魔女の力がジャンクションされている事を加味して欲しいなと思いコメントしました。

  • #2

    通りすがりました (土曜日, 04 4月 2015 12:38)

    ううう、もしかしてそれが本当ならとても悲しい話ということになってしまうのでしょうか?!
    せ、せつなすぎる…

    ハッピーエンドの方がいいよーと思いつつも、
    悲しい話ってなぜかとても心に残ってしまう。不思議ですよね…

  • #3

    名無し (金曜日, 31 7月 2015 11:53)

    リノア=アルティミシア説 はじめて知りました。公式の設定ならOPムービーから伏線張ってたって事になりますね。FF8の見方が変わりました。ありがとうございました!久し振りにFF8やってみようと思います!

  • #4

    管理人(PERUME) (日曜日, 18 10月 2015 21:51)

    コメントありがとうございます。
    あくまで考察なので間違っているところがあるかもしれませんが、私のように考察を楽しんでくれている方がいてうれしいです!

    FF8はハッピーエンドかと思いきやこんなに悲しいストーリーなの!?と思わせるところが非常に魅力的なゲームですよね・・・かなしいけれど。(涙)

  • #5

    ティア (月曜日, 31 10月 2016 00:48)

    初めまして。
    久々にプレイし、リノアル説を検索していたらこちらのブログに目が留まりました。

    私もそう思うのですが、そう思ってしまうと何だか悲しくなりますし、「一体、何のためだったんだろう」って…、分からなくなります。
    結局はリノアがアルティミシアになることを止められない=ループに突入ですし...。
    なので私は、アルティミシアは死に際に正気を取り戻し、「リノアも(魔女は)いずれこうなってしまう」ということを、スコールに伝えたかったんじゃないかなと、そう思うようにしています。

    ただ、こういった考察をして、自分で色々と探すのもゲームの楽しさですよね。
    FFは特に、そういったゲームだと思います。

    とても理にかなっている考察、ありがとうございます☆

  • #6

    (水曜日, 07 12月 2016 15:54)

    死ねキモイ
    同人誌でも書いてろ

  • #7

    Madeline Palmeri (火曜日, 24 1月 2017 19:52)


    Hello there! I could have sworn I've been to this web site before but after going through some of the articles I realized it's new to me. Nonetheless, I'm certainly delighted I came across it and I'll be book-marking it and checking back often!

  • #8

    あは死ね (木曜日, 13 7月 2017)

    いきなり現れて同人誌で抜いてるキモオタが何言ってんだ
    お前こそ死ね同人誌でも読みながらオナってろ雑魚が

  • #9

    猫毛 (木曜日, 02 11月 2017 07:53)

    私もリノアル説が好きで、読みたくなって検索してたどり着きました。
    私は本物語がループから脱した瞬間だと思っています。
    FF1がプレイヤーの介入によって輪廻から脱しEDを迎えた事のオマージュも含め、
    本作はプレイヤーがジャンクションされた事によってループから脱した話なのではないか、と。
    だから今後リノアがアルティミシアになる事は無い…そういう考えもあると思います。

  • #10

    いい (水曜日, 08 11月 2017 10:04)

    リノアル説が本当だとしても、そうじゃないとしてもこれだけの考察できる奥深いストーリーが8の本当の魅力なんだよなー。
    魔女、学園、近未来都市、騎士、ラブストーリー、魔法、8はFFっぽくないとよく聞くけれど、まさに究極のファンタジーだよなぁ。

  • #11

    残念です (日曜日, 06 5月 2018 19:34)

    > KOTAKUっていう海外のゲームサイトに、北瀬のF&Qが載ってたんだけど、リノアル説について具体的に否定してるよ。
    > 引用していいのかわかんないからおおざっぱに訳すけど
    >「リノアル説は正しくない。もしリメイクを作ることがあっても、それは盛り込まないと思う。その説が示しているのは、
    > リノアとアルティミシアは二人とも魔女で、そういう意味で似てるってこと。でも同じ人物じゃないよ」
    > とのこと。
    > ググったらすぐ出ると思うから、チェックしてみて。

    https://www.kotaku.com.au/2017/09/is-squall-really-dead-final-fantasy-producer-addresses-the-series-biggest-fan-theories/

    On the theory that Final Fantasy 8's Rinoa is really Ultimecia:

    "No, that is not true," Kitase said. "I don't think I'll incorporate that even if we do remake the game. But that being said, both Rinoa and Ultimecia are witches, so in that sense they are similar, but they're not the same person."